1億円の現預金を持つための2つの方法

「現預金残高」にこだわって「存続し続ける会社」を作る

「倒産」って、何だと思いますか?

倒産は赤字ではなく「現預金の枯渇」、現預金残高が0円になったときに会社は倒産します。

「現預金残高1億円」を持つことで「存続し続ける会社」を目指しましょう。

「現預金1億円」あれば赤字1億円でも会社は潰れない

災害や景気などの短期的な収益悪化がいきなり訪れ赤字に転落してしまった場合も、現預金があることで時間の猶予ができます。その間に赤字回復させることで、会社を存続させることができるのです。

1億円の現預金を持つための2つの方法

現預金1億円を確保するための一つの方法は、しっかり「納税」をして現預金を残すこと。「節税対策」は、大切な資金を会社から流出させてしまう行為です。

「売上利益を最大化させて納税をする」

その決算書を武器にして、金融機関から「資金調達をする」という、もう一つの方法があります。

フルバージョンの動画をご覧になりたい方は、こちら。

https://note.com/zaimu100/n/n77afaf3acacb

赤字1億円出しても潰れない会社は存在する。

なぜ倒産しないのか?
なぜ倒産してしまうのか?
強い会社、存続し続ける会社は何をしているのか?

潰れない会社は現預金残高を見ればわかる。
その適正額をどのように実現するのか?を解説。

会社は「赤字」で倒産するのではなく、現預金がなくなったときに「倒産」する。

「節税」をして大切な現預金をたくさん流出させてはいないだろうか?

その他のおすすめ

お試し版

[調達]財務戦略の実践第1ステージ_調達の財務<ダイジェスト版>

視聴可

お試し版

[投資・回収]財務戦略の実践第2ステージ_投資・回収の財務<ダイジェスト版>

視聴可

正規会員

[調達]自己資本比率を高める「デット・エクイティ・スワップ」(DES)

視聴不可

正規会員

[調達]自己資本比率はなぜ高くなければいけないのか

視聴不可

正規会員

[調達]資金調達のアプローチ~融資実行までの具体的行動

視聴不可
to-top