理美容業の財務戦略_数値指標編

理美容業で財務戦略的に店舗展開していくためには
資金調達に向かって損益計算書の各数値指標を管理していなければならない。

現在、人件費率は何%で推移しているだろうか?

12~13%ではどこかに課題がありそうな数値だ。適正は10%。

人件費率・家賃比率・広告宣伝費をしっかりコントロールすれば、営業利益率20%は可能な数字である。

営業利益10%で普通。それ以下は金融機関の視点から言ってアウトといっても過言ではない。

金融機関から融資をうけるため、理美容業ならではの各数値指標の適正について解説。

※本編(準正規会員番組)は近日公開予定です。

その他のおすすめ

お試し版

[調達]財務戦略の実践第1ステージ_調達の財務<ダイジェスト版>

視聴可

お試し版

[投資・回収]財務戦略の実践第2ステージ_投資・回収の財務<ダイジェスト版>

視聴可

正規会員

[調達]自己資本比率を高める「デット・エクイティ・スワップ」(DES)

視聴不可

正規会員

[調達]自己資本比率はなぜ高くなければいけないのか

視聴不可

正規会員

[調達]資金調達のアプローチ~融資実行までの具体的行動

視聴不可
to-top